Loading...
よくある質問 2018-11-15T18:16:30+00:00

よくある質問

Q: ビンタン島はどこにあるのですか?
A:

ビンタン島は、シンガポールから約50km、バタム島から東に10km離れています。インドネシアのリアウ諸島で最大の島で、州都はタンジュン・ピナンです。美しい海岸線と自然のままの紺碧の水域で知られている島の北部の海岸線に沿って、海の絶景が見える有名な世界レベルのリゾート、ビンタンリゾートがあります。

Q: ビンタンの天候はどんな感じですか?
A:

熱帯気候がビンタンの天候に影響を与えています。一年中温暖で晴れており、気温は21℃~32℃です。日中の気温は一定で、通常28℃前後です。豊かな緑と海に囲まれた熱帯の島々では、湿度は61~96%まで様々です。

Q: ビンタンのモンスーン期はいつですか?
A:

ビンタンのモンスーン期は、11月初旬から始まり、3月下旬頃に終わります。日中はまだ晴れた時間がありますが、モンスーン期には、強風や通り雨が予想されます。3月下旬から10月の下旬にかけての気象条件は、かなり乾燥しやすく、時々小雨が降ります。

Q: ビンタンではどんな種類の宿泊施設のオプションがありますか?
A:

ビンタン島には、様々な動きをするグループに対応する幅広い宿泊施設のオプションがあります。ビーチリゾート、豪奢なテント、ロッジ、ロフト、サービスアパートメント、豪華なプライベートヴィラなどからお選びいただけます。ビンタン島で提供される宿泊施設の完全なリストについては、ここをクリックしてください。

Q: ビンタン島へはどうやって行くのですか?
A:

シンガポールまたはインドネシアからビンタン島に行く方法はいくつかあります。定期フェリーサービス、インドネシアからの国内線、またはプライベートヨットなどです。詳細については、ここをクリックしてください。

Q: ビンタンに入るにはビザが必要ですか?
A:

2016年3月の時点で、最大169ヶ国にはビンタンに入るためのビザは必要なくなりました。ビザ免除の国のリストおよびビザの要件の詳細については、ここをクリックしてください。

Q: ビンタンではシンガポールドルや米ドルを取り扱っていますか?
A:

いいえ、インドネシアの通貨はインドネシアルピア(Rp)です。ほとんどのリゾートはビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレスのカードを取り扱っていますが、リゾート地以外の地域では、現金が広く使用されています。プジャセラにはATMを備えた2つの銀行があります。

フェリーターミナル、プラザ・ラゴイ、一部のリゾートでも、両替所がご利用になれます。

Q: ビンタン島のツアーや名所についての情報はどこで入手できますか?
A:

バンダル・ベンタン・テラニフェリーターミナルおよびプラザ・ラゴイには、ツアー情報カウンターがあります。あるいは、リゾートスタッフからビンタン島の名所に関する詳しい情報を得ることができます。それをここで読むこともできます。

Q: ビンタンで必見の観光名所は何ですか?
A:

ビンタンは謎を紐解かれるのを待っている名所で一杯です。ビンタンの北部の海外線にあるビンタンリゾートは、1日をかけて探索する価値があります。サファリ・ラゴイ・アンド ・エコ・ファームラゴイ・ビーチプラザ・ラゴイ ラゴイ池ラゴイ・ベイ・ランタン・パークなどがあります。

 

南に足を伸ばしてもいいかもしれません。文化遺産がお好きなら、タンジュン・ピナンプラウ・ぺニェンガットセンガラン・ヴィレッジを探索する日帰りツアーをお勧めします。自然愛好家の場合、日中はビンタンマングローブを楽しみ、夜間は活動中の蛍を捕獲するというのはいかがでしょう。さらに、ビンタン島で一番高い山、グヌン・ビンタンを登って冒険するという手もあります。川のスパでリラックスしたい方には、感覚を蘇らせる日帰りツアーがあります。ビンタンで利用可能な日帰りツアーのリストをご確認ください。

Q: ビンタン島には公共交通機関がありますか?リゾートを出て観光をしたり名所を探索するにはどうすればいいですか?
A:

ビンタン島には公共交通機関がありません。ホテル/リゾートへの往復のフェリーターミナル輸送が通常宿泊パックに含まれています。リゾートに行くために必要な交通手段は、通常それぞれのホテルやリゾートが十分管理しています。リゾート地を出て挑戦したい場合は、通常リゾートでご自分の交通機関を予約する必要があります。

 

ビンタンリゾート地域のリゾートとホテルの間を走るシャトルバスサービスがあり、ラゴイ地域のプラザ・ラゴイラゴイ・ビーチ ラゴイ池などの観光名所と接続しています。シャトルバスの時刻表についてはこのページを確認してください。

 

あるいは、ランドツアーに登録するのもお勧めです。ビンタンで利用できるツアーの種類について詳細をご希望の場合は、島が提供しているものをから目を離さないようにしてください。

 

また、レンタカーを1日借りて島を探索することもできます。

Q: 泊まっている宿泊施設の敷地外で注目のお食事処はどこですか?
A:

ビンタン島ではたくさんのオプションが利用できますが、リゾートからの交通機関を手配する必要はありません。ラゴイ・ベイ、チル・コーブ@トレジャーベイ・ビンタンプジャセラタンジュン・ピナンRimba Jaya 夜市などの場所を探索することもできます。いくつかのケロンシーフードレストランは、マングローブ川を通るボートへの乗船を含む、レストランまでの往復の交通機関を用意しています。

 

ビンタンの飲食に関する包括的なガイドについては、「Taste」をご確認ください。

Q: ビンタンリゾートではどこで手頃な値段の食べ物が見つかりますか?
A:

プジャセラのホーカーフッドセンターは、低価格のナシチャンプル、ナシゴレン、ミアヤムなどの地元料理を提供しています。また、プラザ・ラゴイ やラゴイ・ベイ周辺に、手頃な価格の飲食店や食品店があります。

 

新しく開店したフッドコート、フッドスターグラムプラザ・ラゴイの2階にあります)をチェックして、様々な地元のインドネシア料理を味わってみてください。タンジュン・ピナンを訪れる予定なら、Rimba Jaya 夜市アカウ・ポトン・レンブなどのナイトマーケットを含む、多くの地元の飲食店や露店がご利用になれます。

Q: ビンタンではどこでハラルフードが見つかりますか?
A:

ビンタンリゾートのいくつかのリゾートには、独自のハラル認定/対応のキッチンまたはレストランがありますので、イスラム教のお客様は、リゾートにハラル対応のオプションが利用可能なことを確認するか、イスラム教徒のビンタン旅行ガイドをご参照ください。

 

プジャセラのホーカーフッドセンターでは、ミーゴレン、バクソ、ナシゴレンといった食欲をそそるインドネシア風の料理を提供しています。ハラル認定の食品は、ワルン・イエーラマック・バサモ(ナシ・パダン)など、ラゴイ・ベイでも入手できます。イスラム教対応のオプションは、タンジュン・ピナンでも手に入ります。

Q: ビンタンにはベジタリアンのオプションはありますか?
A:

ビンタンリゾート内にあるほとんどのリゾートでは、自身のレストランでベジタリアンのオプションを提供しています。マヤン・サリ ビーチリゾートの近くにある「スパイス」は、豊富な種類のベジタリアン向けセレクションがあるインド・インドネシア料理レストランです。このレストランは一般のお客様にもご利用いただけます。

Q: ビンタンに到着したときに行くことができるイベントは何ですか?
A:

ビンタンは一年中、エキサイティングなイベントで一杯です!公式サイトで、最新のイベントや出来事にご注目ください。

error: Alert: Content is protected !!